水質について

おいしい水の要件と水質検査結果

おいしさを感じる条件は、味だけではありません。「におい」もおいしさを左右する大きな要素です。また、天候や温度など、水を飲むときの条件も、おいしさの感じ方に影響を与えます。 昭和59年に設立された「おいしい水研究会」では、おいしい水の要件を数値化しています。 おいしい水研究会が示したおいしい水の水質要件と、松江市における水質検査結果は以下のとおりです。

水質項目 おいしい水の要件※1 水質検査結果(注)※2 備考
蒸発残留物 30~200㎎/l 81㎎/l 水が蒸発した後に残る物質で、成分は主にミネラル分です。多く含まれ
ると苦みや渋みなどを感じますが、適度に含まれると、こくのあるまろ
やかな味がします。
硬度 10~100㎎/l 26.9㎎/l 主なミネラル分である、カルシウム及びマグネシウムの総含有量を表し
ます。おいしい水の条件としては、硬度成分が適度に含まれることが必
要です。硬度の低い水は「軟水」といい、味にくせがありません。一方、
硬度の高い水は「硬水」といい、しつこい味を感じるほか、人によって
好き嫌いが分かれます。
遊離炭酸 3~30㎎/l 3.0㎎/l 水に溶けている炭酸ガスのことで、水にさわやかさを与える一方、多す
ぎると刺激が強くなってまろやかさが失われます。
過マンガン酸
カリウム消費量
3㎎/l以下 1.22㎎/l 水に含まれる有機物の指標。多く含まれると渋みを感じます。
臭気強度 3以下 1未満 水についているにおいの強さを表します(塩素臭以外)。カビ臭や藻臭
など、水に不快なにおいが付いていると、まずく感じます。
残留塩素※3 0.40㎎/l以下 0.33㎎/l 水道水中に残留している、消毒用の塩素のことです。衛生上、水道水は
塩素が0.1㎎/l以上残留していなければなりませんが、残留塩素の濃度
が高すぎると、いわゆる「カルキ臭」の原因となります。
水温 最高20℃以下 18.3℃ 冷たい水は、生理的においしいと感じます。また、水を冷やすとカルキ
臭などのにおいが気にならなくなるため、水をおいしく飲むことができ
ます。

(注) 残留塩素、水温は、市内給水栓3箇所の令和2年度平均値。その他の検査項目は、忌部浄水場送水管の令和2年度平均値。
※1 厚生労働省「おいしい水研究会」発表
※2 水質検査機関/松江市上下水道局
※3 残留塩素はペットボトル「松江縁の水」に加工する段階で取り除いています。