「松江市上下水道局公用車リース 軽トラック、軽箱バン及び軽乗用車」の質問と回答(1)

  • 2014年 08月 26日

    ただ今公告中の「松江市上下水道局公用車リース 軽トラック、軽箱バン及び軽乗用車」
    一般競争入札について質問がありましたので、公告第8項に基づき下記のとおり回答します。

    【質問1】
    御社指定の契約の文言を追記又は修正は可能か。
    【回答1】
     落札されたリース会社の契約書を基本ベースに締結しますが、内容によっては協議のうえ条文の削除・変更をお願いする場合があります。
     
    【質問2】
    指定契約書追記又は修正不可の場合、弊社指定の覚書を締結することは可能か。
    【回答2】
    【回答1】のとおりです。

    【質問3】
    契約解除について
     弊社に非がある時のみ契約書に記載があり、御社のご都合にて解約する場合の記載は追記可能か。
    【回答3】
    【回答1】のとおりです。

    【質問4】
    予算廃止・減額による解約の場合、規定損害金は請求可能か。
    【回答4】
     当方の都合、責任による解約の場合は、規定損害金をお支払いします。

    【質問5】
    リース車両滅失の場合(滅失の理由を問わない)損害金請求可能か。
    【回答5】
     当方の納車検査合格後であれば、規定損害金をお支払いします。

    【質問6】
    ユーザー都合による解約の場合(たとえば全損時)損害金請求可能か。
    【回答6】
     当方の都合、責任による解約の場合は、規定損害金をお支払いします。

    【質問7】
    損害金の算出方法は、弊社算出方法、残リース料方式〔基本額-(既経過リース料+未発生費用+車両評価額)〕は対応可能か。NGであれば算出方法を教えてください。
    【回答7】
     対応可能です。

    【質問8】
    リース車両滅失時(全損)に、代替車両の提供義務がありますか。
    【質問8】
     ありません。

    【質問9】
    車検時、整備時に代車は必要ですか。
    【回答9】
     必要です。(仕様書10項に記載)

    【質問10】
    来年10月に消費税が10%になった際は、10月以降のリース料は2%を加算することでよいか。
    【回答10】
     消費税法(基本通達)に基づき、リース会社側の判定によるものでよい。