「光学式読取装置機器(OCR)及び管理端末パソコン(公告第24号)」の質問と回答(3)

  • 2011年 10月 19日

     ただ今公告中の「光学式読取装置機器(OCR)及び管理端末パソコン(公告第24号)」につ
    いて質問がありましたので、公告第6項に基づき下記の通り回答いたします。

    (質問1)
    シーリングはがきは弊社応札予定機器のカタログ上の表記として、コート紙(微塗工紙)とい
    う表記になる。シーリングはがきと同様の種類になるが、この表記でもよいか。

    (回答1)
    OCRの機能的にシーリングはがきを確実に読取ることが可能であれば、カタログ上の表記が異な
    っていても構いません。

    (質問2)
    弊社応札予定の機器カタログ上、読取文字数の表記はない。これは読取文字数制限を設けていないためだが、仕様にある読取文字数は問題なく読み取ることは可能である。参考数値として旧モデルカタログの読取文字数は提出可能だが、その対応でよいか。

    (回答2)
    仕様書の文字数の読取が可能であれば問題ありません。参考として旧モデルカタログの提出をお願いします。

    (質問3)
    入札範囲は機器及びOCRソフトウェアの調達、管理端末の初期セットアップのみと考えてよい
    か。開発は別途と考えてよいか。機器の設置費は調達に含むか。

    (回答3)
    入札範囲は機器及びOCRソフトウェアの調達、管理端末の初期セットアップ及び機器の設置費を
    含むものとします。管理端末パソコンの開発は入札範囲に含みません。

    (質問4)
    必要になるOCRソフトは何になるか。OCRが動作するのに必要な基本ソフトと考えればよいか。
    具体的な仕様はあるか。
    例: 手書き漢字を読み取る必要がある。
      活字漢字を読み取る必要がある。
      住所・氏名を読み取る必要がある。

    (回答4)
    必要になるOCRソフトは、OCRが動作するのに必要な基本ソフトですが、具体的には仕様書(別紙
    2)のとおりの動作、データ抽出、データ分類等が可能なソフトの開発が必要となります。
    また、例にある読取文字種については、仕様書(別紙1)のとおりとし、記載の手書き文字、印
    字文字の読取りが可能であることとします。

    (質問5)
    仕様書のナンバリングにて、「表面20ケタ以上(1ヶ所印字)/2ヶ所切替が可能なこと」とある
    が、最大36桁(1ヶ所印字)/最大16桁(2ヶ所印字)となっている機器にて応札することができるか。

    (回答5)
    質問書に記載の機器で応札可能です。