合併処理浄化槽について

市設置型の浄化槽(合併処理浄化槽)

「市全域下水道化計画」に基づき、従来の生活排水の集合処理に加えて『公設浄化槽事業(市町村設置型)』を実施することとしました。これは公共下水道、集落排水によって生活排水が処理できない地区で、自己の居住の用に供する住宅及び兼用住宅について、市が各戸ごとに合併処理浄化槽を設置し維持管理するものです。合併処理浄化槽は、汚水に含まれる固形物を取り除き、微生物により汚れを分解し、汚水を浄化します。浄化された上澄み水は、消毒して衛生的な処理水として放流します。

合併処理浄化槽・排水設備の設置例

  • 合併処理浄化槽・排水設備の設置例の図

公設浄化槽の設置に必要な経費は、上下水道局が負担します。 ただし、以下に要する費用は全額個人負担となります。

  • 浄化槽本体設置に支障となる物の撤去、移転、復旧等、建築物、樹木、水道管、コンクリート等の取壊しなど
  • 浄化槽設置工事の際に生じる付帯工事

    屋外コンセント設置工事、浄化槽の上を駐車場等として利用するための補強工事(ただし点検や清掃を行うため、浄化槽の蓋が開けられるような設置をして下さい。)

  • 排水設備工事等に必要な費用